このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

コンテンツページ一覧

当サイトからのご注文
●ご注意(ポイント還元・利用について)
電話とFAXでのお申し込みの場合は、ポイント還元及びポイント利用ができません。
ポイントをご利用の場合はインターネットからお申し込みください。
会員登録なしてもご注文いただけます。
いつでもどこでも、モバイルからの注文24時間受付中!モバイル版バイオザイムショップはこちらからどうぞ。

ミドリムシとは?

トップページ » ミドリムシとは?

ミドリムシ(ユーグレナ)図
ミドリムシ(緑虫)は、ユーグレナ植物門ユーグレナ藻綱ユーグレナ目に属する
鞭毛虫の仲間であるミドリムシ属 Euglena (ユーグレナ)の総称
ユーグレナ(和名:みどりむし)とは17世紀に顕微鏡の発明者であるオランダの科学者アントニ・レーウェンフック博士によって発見された微生物で、その形からラテン語で「美しい(eu)眼(glena)」と名付けられました。みどりむしは5億年以上前に地球で初めて生まれたどんな環境にも屈しない並外れた生命力の単細胞生物(微細藻類)で動物と植物の両方の性質をもっています。その両方の栄養素を高濃度で含有し、パラミロンという独自の成分を持っています。パラミロンを含む生物はミドリムシの他にはいません。また、それを主食とするクジラ(寿命80~150歳)、ジンベイザメ(寿命150以上、死ぬまで性生活を営む)などの大型哺乳動物の健康と強さ、知能を養うほどの十分で高濃度の栄養素を持っています。

みどりむしの持つ栄養素

ビタミン、ミネラル、クロロフィル、アミノ酸、カルテノイド、不飽和脂肪酸など59種類の栄養素がミドリムシには含まれています。
みどりむしに含まれるビタミンは天然由来のため、体内でより効果的に働くことができます。 他の食物に比べ、圧倒的に豊富なビタミンを含んでおり、現代人に不足しがちなビタミンB群、を多く含んでいます。
ミネラルは体内で合成することができないため、常に摂取しないと不足しがちになります。また、ビタミンはミネラルが不足していると、効果を発揮することができず、体外へ排出されてしまいます。摂取したビタミンを逃さないためにはミネラルが重要になります。
みどりむしには必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸をバランス良くもっています。 この必須アミノ酸は人間の体で作り出すことができないので、食物から摂取するほかはありません。
●DHA ●EPA ●パルミトレイン酸 ●オレイン酸 ●リノール酸 ●リノレン酸 ●エイコサジエン酸 ●アラキドン酸 ●ドコサテトラエン酸 ●ドコサペンタエン酸 ●ジホモルーリノレン酸
「パラミロン」は、便通を改善して腸の働きをよくする効果があると言われており、「βグルカン」は、体内の免疫細胞を活性化させて免疫力を高める手助けをしてくれるといわれています。
パラミロンについて詳しく見る場合はこちらをクリックして下さい。

動画で見るみどりむしの紹介

アディポネクチンとは?

驚異の微生物「みどりむし」でスーパー健康、若返り、長寿ホルモンと言われているアディポネクチンが増加
「アディポネクチン」1996年に大阪大学で発見され、2003年に東京大学でホルモンであると定義された脂肪細胞由来の善玉ホルモンの事で、世界中の医学会が注目している。スーパー健康ホルモン、長寿ホルモン、若返りホルモンなどと言われております。
みどりむしの飲用 わずか一ヶ月で アディポネクチンが増加
アディポネクチンに運動と同様の効果をもたらす可能性を発見。:英科学誌ネイチャー掲載
一般の人に比べて100歳以上の人は「アディポネクチン」が約2倍多かった。:医学部
「アディポネクチン」による破骨細胞抑制および骨芽細胞促進による骨量増加作用を発見。
「アディポネクチン」による真皮ヒアルロン酸合成促進作用を発見。

栄養吸収率の高さ

豊富な栄養素を効率的に吸収
野菜など植物から栄養を摂取する場合、よく噛んでも吸収率は40%前後だといわれています。それは植物には細胞壁があり、人間には細胞壁を壊す酵素がないためです。
植物(野菜)には細胞壁があり、人間には分解する酸素がなく、よく噛み砕いても、 その栄養吸収率は40%前後だと言われています。
みどりむしには細胞壁がなく、細胞膜のみです。この細胞膜は人の酸素で容易に溶け始めるので、栄養成分が体内で消化されます。 その栄養吸収率は95%前後だと言われています。

みどりむしの栄養バランス

野菜など植物から栄養を摂取する場合、よく噛んでも吸収率は40%前後だといわれています。それは植物には細胞壁があり、人間には細胞壁を壊す酵素がないためです。
みどりむしの栄養バランスは クロレラ他微細藻類を圧倒

みどりむしの研究

NASAが世界に先駆けて研究をはじめた「みどりむし」
高い栄養価と免疫成分、培養に大量の二酸化炭素を消費(地球温暖化防止)する事から世界中の研究機関で長い年月をかけて研究。しかし、培養が非常に難しくNASAでさえ成功できませんでした。2005年に東京大学を中心とした機関が、世界初で培養に成功したので、現在では、みどりむしを乾燥粉末にて、手軽にご家庭でもサプリメントとして摂取することが可能となりました。
「みどりむし」の研究に関わっていた様々な団体が 東京大学と連携して実験を重ね、沖縄の石垣島で「みどりむし」の 食糧としての大量培養に世界で初めて成功しました。
東京大学、大阪府立大学、近畿大学、鳥取大学などで共同研究を行なっています。
東京大学、大阪府立大学、近畿大学、鳥取大学などで共同研究を行なっています。
国内の大学。大学院での「みどりむし」を活用したさまざまな研究開発と基礎研究に基づき、
株式会社ユーグレナが生産運営管理を行なっています。

みどりむしに関する各機関の発表

脳卒中易発性高血圧自然発症ラットの血圧、脳ならびに抹消血病変および寿命に及ぼすユーグレナの影響
著しい延命効果、脳卒中の発症率低下、血圧の上昇抑制、血清脂質低下免疫増強活性、血管壁の肥厚抑制、抗菌活性、マクロファージ活性
●大阪府立大学:中野長久 宮崎大学:林雅弘 名寄市立大学:雪野継代
粉体工学会誌 原生動物の作り出すバイオ粒子、パラミロン性質の利用(ラット)
パラミロンの抗腫瘍性、抗菌、抗ウィルス活性 ヒト免疫不全ウィルス(HIV-1、HIV-2)のリンパ球細胞への結合を強く阻害 大腸菌、緑膿菌、肺炎菌、腸炎菌、黄色ブドウ球菌、カンジタ、皮膚真菌症による抗菌活性
●大阪府立大学農学部応用生物学科食品代謝栄養学講座
そんなミドリムシ(ユーグレナ)を使用したサプリメントがこちら
モンドセレクション受賞!赤丸印のミドリムシサプリメント「バイオザイム」の詳しい情報はこちらから
みどりむしサプリメントシェアナンバーワン「バイオザイム」
開発/発売:東京大学バイオベンチャー企業 株式会社ユーグレナ/株式会社アンテナ 共同研究:東京大学/大阪府立大学/鳥取大学/近畿大学
こちらの商品を購入する
正規品をまとめ買いでお得なお値段で!
赤丸印バイオザイム1個セット 赤丸印バイオザイム2個セット購入はこちらから
赤丸印バイオザイム3個セット購入はこちらから 赤丸印バイオザイム4個セット購入はこちらから
赤丸印バイオザイム5個セット購入はこちらから 赤丸印バイオザイム6個セット購入はこちらから
赤丸印バイオザイム10個セット購入はこちらから 赤丸印バイオザイム12個セット購入はこちらから
赤丸印バイオザイム15個セット購入はこちらから 赤丸印バイオザイム20個セット購入はこちらから
赤丸印バイオザイム24個セット購入はこちらから 赤丸印バイオザイム30個セット購入はこちらから
ペット用に最適化したみどりむしサプリメントも登場
大人気のみどりむしサプリメントにカルシウムとDHA/EPAで強化したペット用みどりむしサプリが仲間入り!
こちらの商品を購入する



株式会社フィフティワン
〒839-0841 福岡県久留米市御井旗崎1-10-27
TEL.0942-48-0051 / FAX.0942-41-0571
Copyright ©2017
ミドリムシストア All Rights Reserved.