育毛でも養毛でもない!

知の最前線から生まれたスカルプケア リモウ・スカルプローション東京大学「ユーグレナ」×聖マリアンナ医科大学「ナノエッグ」の共同開発発毛だけじゃない!毛髪を太くして、頭皮を引き締めることで小顔へも導く!ナノキューブが細胞を賦活化させ、みどりむしのパワーが毛髪を育てる!毛根の元となる細胞に働きかける薄毛でお悩みの方、みどりむしのパワーを試して見ませんか?薄毛改善だけではなく、全体的に頭皮が引き締められ、小顔にも

ナノキューブとは?

ナノキューブとは、聖マリアンナ医科大学のベンチャー企業が開発。開発背景は、皮膚から薬剤を吸収させる研究をもとに生まれた素材。 細胞のホメオスタシス(元に戻る機能)のスイッチをいれ、細胞を賦活する。

物理学者が考案、医学が実現。「ナノキューブ」※2009年5月12日 朝日新聞より一部抜粋

ナノキューブが毛根にある毛母細胞や毛乳頭の分化を促進し、既存の育毛効果がある薬剤をナノメートル(10億分の1)の単位で取り込めることも分かった。この結果をもとに、昨年12月、NEDOへの開発費の助成を申請すると、1億円の助成が決まった。今後は、市販されている育毛剤にはない毛髪の太さが1.5倍以上になり、使用から1ヶ月以内に毛が生える育毛剤の開発を進める。

ケガをした皮膚がキレイに再生するのはなぜ?

ケガをした皮膚が、白く綺麗な皮膚に再生されるのは、ケガをするとその箇所を治そうとしてヒアルロン酸やコラーゲンを生み出し、元々の配列へ戻そうとする本来備わった力を発揮します。医科大学で開発された新成分「ナノキューブ」は、細胞間の脂質の配列を一時的に乱すこと(だます)によって、細胞を傷つけることなく、細胞をケガした状態だと勘違いをして自然治癒力(ホメオスタシス)を引き出し、自然の状態に戻す最新のスキンケアサイエンスです。